Xbox Series Xを開封してみた

Xbox関連
スポンサーリンク

Microsoftストアで購入することができた【Xbox Series X】が届きました。

発売してから2年くらい経ちますが、なかなか在庫が入らない状態ですよね。

早速届いたものを開封、本体がどんな感じになっているか紹介したいと思います。

ちなみに買った理由はパッケージ版で購入した【Forza Horizon 5】をプレイするため。

ドライブが必要だったんですよ。

2022年8月1日 記事更新

スポンサーリンク

購入までの流れ

7月上旬?にMicrosoftストアで【Xbox Series X】の在庫が入ったらメールでお知らせするサービスが開始されたので登録していました。

本当に入るの?

と半信半疑の状態でしたが、7月29日の朝に入荷案内メールが届きました。

(まさか本当にメールくるとは思ってなくてビックリ)

Microsoftストア公式ページ

ただ、このメールはちょっと不親切なところがありました。

メールに記載されているリンクを押すと英文のページが表示されることがあります。

そうなってしまった場合は

一度MicrosoftストアにアクセスしてMicrosoftアカウントでサインインした後にもう一度メールのリンクを押す

とXbox Series Xの購入ページに行けます。

直接、購入ページに行っても在庫は表示されないので注意してください。

あくまでメールのリンクを押した場合のみ買えるようになっているみたいです。

スポンサーリンク

注文した翌日に到着

7月29日の朝に注文したらお届け予定日が8月1日となっていたので、まだ少し時間がかかるなあと思っていたら夜に発送メールの通知が!!

まさか翌日(7月30日)に届くとは思いませんでしたね。

Microsoftストアは初めて利用して不安でしたが、ちゃんと梱包もされてきたので良かったです。

(てっきり本体の箱に伝票が貼られてくるかと思った・・・)

スポンサーリンク

そして開封へ

早速開封をしてみました。

まず大変なのは4か所止められているテープ。

箱を破いてしまいそうなくらい頑丈なテープなので剝がすときはゆっくりと。

箱の中はこんな感じで入っています。

開封してみて最初にびっくりしたのは本体の大きさ。

本体は思ったよりコンパクト

想像していたよりもだいぶコンパクトになっていますね。

(なんかゴミ箱みたいなデザインなのは気になりますが)

前面(縦置きの場合)には電源ボタン、Blu-rayドライブ、USB type A端子1つ、取り出しボタンが付いています。

上部(縦置きの場合)には巨大なファンがついています。

背面にはUSB type A端子2つ、LAN端子、HDMI端子、電源端子、拡張ストレージ端子が付いています。

底面には円形のスタンド、側面には横置き用のゴム足が付いてます。

特にスタンドとか用意しなくても安定しているのはいいですね。

Xbox One Sとかと並べてみると

これまで使っていたXbox One Sと比べてみましたが、高さが同じですね。

Xbox Series Xの方が厚みはありますが、コンパクトに感じます。

厚みはXbox One Sの3台分くらいありますけどね。

それとPS5(ディスクドライブ版)とも並べてみました。

こちらもXbox Series Xの方が厚みはありますがコンパクト。

改めてPS5をよく見ると大きく感じてしまいますね。

同梱されているもの

同梱物は

  • コントローラー
  • HDMIケーブル
  • 電源コード
  • 印刷物
  • 単三電池

コントローラーはワイヤレスとなっていますが、単三電池を2本使用するのは変わらず。

こちらもXbox One Sの物と並べてみました。

基本的な同じ形状のものとなっているので持ってみても違和感がありませんね。

キャプチャーボタンと十字ボタンではなく8方向に対応したパッドの部分が違います。

それと端子がtype Cとなっていました。

開封した様子はこんなところでしょうか。

動作させた様子は次回に書こうかと思います。

それでは、また!!

Xbox Game Passについてはこちら

ゲームのサブスクをハードごとに紹介【Switch・PS・etc.】
【サブスクリプションサービス】は定額料金を支払うことで利用できるサービスですがゲームにも導入されることが多くなってきました。ゲームのサブスクではオンラインプレイに必要になったり、対象タイトルをプレイし放題になったりします。...

コメント

タイトルとURLをコピーしました