PS5とXbox Series Xはどっちがいい?

どっちがおすすめ?
スポンサーリンク

Xbox Series Xを購入できたので、現在使用しているPS5との違いやそれぞれの良いところ、悪いところを書き出してみました。

どちらがいいのか迷っている人もいるかと思うので。

記事内容は個人的な主観によるものになります。

※2022年9月1日 記事更新

スポンサーリンク

どっちがおすすめなのか?

結論からいうとPS5の方がおすすめできます。

PlayStation 5 (CFI-1100A01)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

理由は2つ

  • 日本ではPS系ハードの方が普及しているため操作に慣れている。
  • PS4用パッケージソフトの数が豊富。

PS5用ソフトの数はまだまだ少ないですが、PS4用ソフトは豊富にあるのでプレイしたゲームがすぐに見つかるかと思います。

最近ではPS Plusの新サービスも始まりましたから。

※2022年8月25日にPS5の値上げが発表されました。

PS5ドライブ搭載型・PS5デジタルエディション両方が対象。

2022年9月15日より下記の価格が適用となります。

  • PS5ドライブ搭載     60,478円(税込)
  • PS5 デジタルエディション 49,478円(税込)

個人的にはXbox Series Xもおすすめしたいのですが、なかなかにクセが強いハードでメニュー画面とかちょっと使いにくいと思ったので。

ゲームにあまり慣れていない方も買うことを考えるとあまりおすすめできないです。

Xbox系はパッケージソフトがほぼ売っていませんが、Xbox Game Passが魅力的なハードではあります。

Xbox Series X/Sは現在値上げを予定は無いとMicrosoftから発表されています。

それぞれの良いところと悪いところは以下で紹介していきます。

スポンサーリンク

良いところ・悪いところ

それぞれの良いところ・悪いところはこの通り

PlayStation 5 (CFI-1100A01)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

PS5の良いところ

  • PS4ソフトがそのまま使える。
  • PSNアカウントやインターネットが無くても初期設定できる
  • YouTubeに動画を直接アップロードできる。
  • スパイダーマン最高!!

PS5の悪いところ

  • 本体サイズがでかい
  • PS5用ソフトが少ない

関連の記事はこちら

【PS5】アップグレード対応のPS4ソフトはどれ?
PS4でプレイしていたソフトはPS5用にアップグレードできるの?という疑問をお持ちの方がいるかと思われます。そこで、PS5にアップグレード対応したソフトを個人的にわかる範囲でリスト化してみました!PS4パッケージソ...

PS4ソフトがそのまま移行やアップグレードできたりするのはいいですね。

撮った動画の簡単な編集がすぐにできたり、YouTubeに直接投稿できるようになっているは楽です。

ただ、PS5用のソフトがまだまだ少ないのが不満です。

早く新作のスパイダーマンがやりたいなあー

PS5公式ホームページ

Xbox Series Xの良いところ

  • 本体がコンパクト
  • クイックレジュームでソフトの切り替えが速い
  • Xbox Game Passで発売日からやり放題なゲームもある
  • Forza Horizon最高!!

Xbox Series Xの悪いところ

  • メニュー画面がわかりにくい
  • 初期設定にMicrosoftアカウントとインターネット環境が必須
  • USBメモリなどを使う場合一度PCでフォーマットしないといけない

関連の記事はこちら

Xbox Series Xを開封してみた
Microsoftストアで購入することができた【Xbox Series X】が届きました。発売してから2年くらい経ちますが、なかなか在庫が入らない状態ですよね。早速届いたものを開封、本体がどんな感じになっているか紹介したい...

PS5よりもコンパクトな本体だったので個人的にとても満足。

クイックレジュームによって前のゲームを終了しなくてもそのまま戻ってプレイが再開できるはとても便利。

それと初代からOneで発売された3世代のソフトが利用できるようになっていたので、これらを持っている人にとってはいいかもしれませんね。

(使えないソフトもありますが)

Xbox Series X/Sで後方互換ソフトを使うには?
Xbox Series X/SではXbox Oneに引き続き、後方互換機能が搭載されています。初代からXbox Oneまでの過去に販売されたタイトルを楽しみたい人には嬉しい機能です。そこで、今日は後方互換機能の使用方法につ...

外部ストレージを使用する場合はPCでフォーマットが必要だったり、ゲームを初期設定するときには必ずインターネット環境とMicrosoftアカウントが必要なのがめんどくさかったりします。

Xbox公式ホームページ

スポンサーリンク

デジタル専用機もおすすめ

デジタル専用機はドライブレス化したゲーム機となっています。

ディスクを使用する機会が無いといった方にはこちらがおすすめできます。

PS5では【デジタルエディション】、Xboxでは【Xbox Series S】があります。

それぞれの違いはこんな感じ

PS5デジタルエディション

この機種は純粋にPS5からドライブだけを取り除いたものになります。

PS Storeからゲームをダウンロードして使用します。

ディスクを使えない以外は同じことができる機種となります。

価格も約10,000円安い43,978円(税込み)となっています。

2022年9月15日から49,478円(税込み)となります。

Xbox Series S

こちらはドライブレスかつXbox Series Xよりも性能を抑えたものになります。

解像度も4K→1440p、内臓SSDが512GBにダウンしています。

ですが、こちらも基本的にできることに差異はありません。

Microsoft Storeからゲームをダウンロードして使用します。

ディスクを使う予定がなく、Xbox Game Passでの運用で1440pに対応したゲーミングモニターを使っている方はこちらでも問題はないかと思います。

本体サイズがSeries Xの半分で小さく軽いし、価格が32,978 円 (税込み)と約20,000円安く購入できますよ。

用途で選んでみては?

それぞれの違いを書いてみましたが、いかがだったでしょうか?

人それぞれの使い方もあるのでこれがおすすめとは言いにくいところもあります。

最近はゲームもサブスクサービスが多くなってきたので、使いたいもので選ぶのもありですね。

ただ、PS5をおすすめしておいてなんですが、値上げの発表には残念です。

不安定な供給でなかなか手に入りにくい中で値上げてしまうのもどうかと思っちゃいましたが。

(モデルチェンジもされるみたいです。)

サブスクについてはこちらで記事にしてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

ゲームのサブスクをハードごとに紹介【Switch・PS・etc.】
【サブスクリプションサービス】は定額料金を支払うことで利用できるサービスですがゲームにも導入されることが多くなってきました。ゲームのサブスクではオンラインプレイに必要になったり、対象タイトルをプレイし放題になったりします。...

それでは、また!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました