【レビュー】EG RX‐93ff νガンダムを組み立て

ガンプラ
スポンサーリンク

プレミアムバンダイで予約していた【ENTRY GRADE 1/144 RX-93ff νガンダム】が届いたので、早速組み立てました。

素組みで組み立ててみてどんな感じだったのか紹介したいと思います。

スポンサーリンク

外箱と内容物

2022年4月に発売 メーカー価格1,430円(税込み)

福岡県にあるガンダム関連ショップ【GUNDAM SIDE-F】でしか購入できないガンプラになります。

今回購入したものは2022年6月に【プレミアムバンダイ】で特別販売されたものとなります。

現地に行けばすぐ購入できるのですが、行くの結構大変なので予約しました。

外箱はカラーイラストとなっていますね。

内容物はこんな感じ。

説明書はカラーでリーフレットタイプ。

EGの中ではパーツ数が多いですね。

このキット専用のマーキングシールにロングレンジ・フィン・ファンネルが入っているためですかね。

結構ボリュームがあるキットに感じられます。

スポンサーリンク

組み立てたものがこちら

各部分の色分けが細かいのとオリジナルのマーキングシールにより素組みでもとてもカッコよく仕上がりますよね。

立像と同じように手を開いたパーツが付いているのもいいです。

背中のロングレンジ・フィン・ファンネルがとても大きい。

収納・展開状態をそれぞれ再現することも出来ます。

また、可動域はかなり広いのでこんな感じ👇でグネグネと動かすことができます。

ちなみにEG νガンダムと比べるとこんな感じです。

基本的な部分は同じものとなっています。

通常のνガンダムと異なり黒色の部分が青色に変更されているのも特徴です。

今話題の【水星の魔女】に登場する【HG ガンダムエアリアル】と並べるとこんな感じ。

同じスケールでもνガンダムの方が元々のサイズが大きいので結構サイズ差が出てしましますね。

そしてエアリアルがかなり細く感じる。

スポンサーリンク

色々写真を撮ってみた

背中のロングレンジ・フィン・ファンネルは肩や腕に取り付けることも出来ます。

EGνガンダムに付いていたビームライフルやシールドはもちろん、HGなど武装と組み合わせることも可能です。

アクションベースなどを使用すれば、より表現豊かなポーズをとらせることも出来るかと思います。

説明書にはアクションベース5の使用が書かれていました。

回転動画も作ってみました

360°方向から気になる人はご覧ください

作ってみてはいかが?

GUNDAM SIDE-Fでしか購入できない限定ガンプラ(ご当地ガンプラ?)となっていますが、素組みでもとてもカッコよく出来るのでとても満足しています。

興味をお持ちの方や福岡に旅行に行くなどする人はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

プレミアムバンダイでももしかしたら購入できる機会があるかもしれないのでこちらも確認してみてもいいかもしれません。

それでは、また!!

GUNDAM SIDE-F 公式ページ

その他の記事はこちら👇

プロフィール

初めまして、こんにちは!!
プラモやゲームが大好きな30代です。
最近はひたすらForza Horizon5をプレイする日々を送っています。
現在、Hobby日記とメガさんHobbyライフ(当ブログ)の2つのブログを運用しています。
(Hobby日記は下のホームボタンよりご覧いただけます。)

メガネ3号をフォローする
ガンプラ
スポンサーリンク
メガさんHobbyライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました