【レビュー】Switch版ペルソナ3P、ペルソナ4Gをプレイしてみました

NintendoSwitch
スポンサーリンク

ペルソナ3ポータブル(P3P)・ペルソナ4ザ・ゴールデン(P4G)が2023年1月19日に発売されました。

多機種で発売されているのでかなりプレイしやすいゲームとなりましたね。

そんな中、NintendoSwitch版のP3PとP4Gがどんな感じになっているのか気になったのでプレイしてみました。

※2023年1月28日 記事更新

スポンサーリンク

過去ハードとの違い

基本的には過去に発売された同名ソフトと比べても大きな違いはありません。

一部追加されて要素などがあります。

こちらで詳しく紹介しています。

ペルソナ3P・ペルソナ4Gリマスターの違いについて
PS5・Switch・Xboxなどで発売が予定されている【ペルソナ3ポータブル(P3P)】と【ペルソナ4ザ・ゴールデン(P4G)】の情報が公開されました。両方とも昔プレイしてたソフトなので懐かしいですね。オリジナル版とどん...
スポンサーリンク

Switch版の良いところ

どこでも手軽にプレイできる

Switch版でP3PとP4Gをプレイするメリットはやっぱりどこでもプレイできる手軽さですよね。

両作品とも元々携帯ゲーム機用にアレンジされて発売されたソフトということもあり、相性は抜群です。

特に違和感なくプレイできますね。

もし腰を据えてプレイしたい時はTVに繋いで大画面でプレイできるのも良いところです。

60fpsで動作する

Switch版を携帯モードでプレイしてもゲーム全体の動作は60fpsとなっています。

特にP4Gなんですが、PSVITAでは画面がボケた感じの30fpsくらいの動作となっていました。

Switch版でも滑らかな動作で両作品ともに楽しむことができますよ!

ただ、P3Pはちょっと滑らかすぎてシャドウの動きが気持ち悪いかも?

画面が大きい

過去でプレイできたPSPやPSVITAといったハードに比べるとNintendoSwitchは画面が大きいです。

なので、リマスターされ綺麗になったグラフィックに加え、細かい部分なども良く見えるようになりました。

PSPやPSVITAでプレイしているときにはまた違った感覚でプレイできるのが良かったですね。

価格が安い

どのハードでも同じ価格なので、Switch版に限った話ではないんですけどね。

P3PとP4G共に価格は1,980円(税込み)となっています。

最近リマスター作品といえど中々に良い金額の作品が多い中、安いと感じる価格設定となっています。

誰でも手に取りやすい設定なのでとてもうれしいです。

スポンサーリンク

気になったところ

リメイクではなかった

価格も安いのしょうがないとは思いますが、やっぱり過去に発売されたそのままなのが個人的には気になりました。

特にP3PはPSP用にアレンジされてしまっているので、ムービーが流れないや会話が基本的に立ち絵のみで進行となっているのは残念です。

どうせならPS2で発売されたペルソナ3フェス(P3F)をベースに作り直してほしかったなあと感じてしまいました。

中断セーブが削除される

てっきり何処でもセーブが出来るようになったと勘違いしていました。

中断セーブ機能は一時的にデータが保存できる仕様のもので、このデータをロードすると自動で削除されるようになっていました。

ダンジョンとかでこまめにセーブしながらプレイしたいなあと思っていたのでちょっと残念です。

プレイしてみてはいかがでしょうか?

最新ハードでも手軽にプレイできるようになっているP3PとP4G。

実際にプレイしてみても特に違和感なく楽しんでプレイすることができました。

どちらの作品もペルソナシリーズを語る上では外せない重要なタイトルですよね。

プレイしたことが無い人はぜひ一度プレイしてみてはいかがでしょうか?

価格も安いのでおすすめですよ。

それでは、また!!

その他の記事はこちら

【レビュー】Switch版ペルソナ5Rをプレイした感想
2022年10月21日に発売されたNintendoSwitch版【ペルソナ5 ザ・ロイヤル(P5R)】を購入し、プレイしてみました。実際にどんな感じだったのかプレイしてみた感想を書いていきたいと思います。※2022...
ペルソナ4Gリマスターの序盤攻略にアドバイス
ペルソナ4ザ・ゴールデン(P4G)のリマスター版が発売されました。これを機にプレイする人も増えてきているかと思うので、個人的に序盤はこれをやっておくといいかもと思うことをまとめてみました。序盤を攻略する際の参考になれば幸い...

コメント

タイトルとURLをコピーしました